プラスチック燃料発電

H30年度 道外からの循環資源の利用に関する事項について

1.道外からの循環資源利用に関する事項 平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)

1) 残さ発生率について

基準値:概ね10%以下

実績:残さ発生率(%)= 12,024 - 6,565

×100 = 6.5(%)

83,383

※ただし、排ガス対策等のための添加剤等は除く
(北海道循環型社会形成の推進に関する条例施行規則に準じて算出)

1:施設から搬出された残さ量(ばいじん及び燃え殻) 12,024t/年
2:施設投入量(燃料使用量) 83,383t/年
3:排ガス対策等のための添加剤等(消石灰・活性炭等) 6,565t/年

2) 道外からのプラスチック燃料搬入量について

  道外 道内 合計
年間搬入量 145,340t 20,347t 165,687t

年間使用量 : 83,383t/年
年度末在庫 :  103,112t

3) 発電効率について

基準値:20%以上
実績:平成30年度 発電効率(%)  21.8(%)

2.その他の事項

平成30年度 ボイラー稼働状況

区分 30年度
1号 稼動日数(日) 150
稼動時間(h) 3,594
2号 稼動日数(日) 135
稼動時間(h) 3,232

 

環境情報一覧へもどる>>

MOVIE 発電所紹介

MOVIE 発電所紹介

サニックスエナジー苫小牧発電所は、プラスチックを燃料とする、世界的にも例のない画期的な資源循環型発電システムです。

インターネットで発電所見学

このページのTOPへ

Copyright © SANIX INCORPORATED. All Rights Reserved.