プラスチック燃料発電

廃プラスチック排出業者の皆様へ

貴社から排出された廃プラスチックは、どのように処理されているかご存じですか?

廃プラスチックの適性処理には、手間と費用がかかります。安易・安価な廃棄物処理を求めると、不法投棄や環境問題を起こしかねません。また、適正に処理されたとしても、単純焼却や埋め立てに回されている場合は、有用なリサイクル資源をただ廃棄しているだけとなってしまいます。

サニックスエナジーでは、廃プラスチックを発電用燃料とすることで、有用なリサイクル資源を有効活用いたします。さらに、以下のようなメリットをもたらします。

  • 化石燃料の消費を抑制できます
  • 発電所から排出される廃棄物が、石炭火力発電と比較して、約1/3に低減できます
  • 燃焼時のCO2排出量が、石炭と比較して15~20%削減できます
  • 最終処分場の残余年数を延ばすことができます
  • 廃プラスチックによるエネルギー利用の中でも付加価値が高い電気として提供できます

処理の流れ

しくみ

見積もり、営業、回収依頼のお問い合わせはお気軽に

廃プラスチック回収の見積もり、営業について、お問い合わせはお気軽に。
お問い合わせフォームはこちら。

お問い合わせ

 

MOVIE 発電所紹介

MOVIE 発電所紹介

サニックスエナジー苫小牧発電所は、プラスチックを燃料とする、世界的にも例のない画期的な資源循環型発電システムです。

インターネットで発電所見学

このページのTOPへ

Copyright © SANIX INCORPORATED. All Rights Reserved.